酵素はこういう人が飲むべきだ!

酵素は基本的に誰にでも必要です。
しかしその中で、健康オタクのわたしが特にこういう人は飲むべきだ!というのをまとめました。
以下に該当する方は、ぜひ酵素を摂取すべきだと思います。

1.妊娠または授乳中のお母さん

妊娠中の女性の食べ物によって生まれる子どもの潜在酵素(体内酵素の量)が決まると言われています。その潜在酵素の量は生まれ持ったものなので、生まれてから増やすということはできないのです。なので代謝・消化の良い健康な子どもに育つためには、妊娠中のお母さんが積極的に酵素をとる必要があるのです。
また、授乳中の女性も酵素を積極的にとる必要があります。人口ミルクよりも母乳で育った赤ちゃんの方が虫歯が少なかったり、メタボリックシンドロームになりにくいというデータもあるそうです。母乳には酵素がたくさん含まれているからということですね。なので授乳中の女性は積極的に酵素を摂取して、お子さんの健康を支えてあげてください。

2.ご高齢の方

人間だれしも寄る年波には勝てないものです。高齢になればなるほど体にいろいろな変化が現れます。老化に伴う、いろいろな症状の原因の一つに体内酵素の減少ということがあげられます。どんな人でも老化とともに体内酵素が減少していきます。それにともなって、体の代謝・消化機能が追いつかなくなり、体の免疫力が低下していきます。免疫力が低下すると風邪をひきやすくなったり、元気が出なかったりと、生活が不便になって行きます。それを予防するためにも、食物酵素を食べ物屋サプリメントから摂取し、少なくなった酵素を補う必要があるのです。

3.働き盛りの人

働き盛りの人は人生の中でも長時間集中して働くことが多いと思います。起きている時間、ましてや仕事をしている緊張状態では特に体内酵素が消費されていきます。緊張状態が長く続くと、体内酵素が枯渇し、体の免疫力低下につながります。しっかりと仕事で成果をあげていくためには健康管理が第一です。そのためにも酵素を摂取して健康な体を維持していく必要があります。わたしは、働き盛りはもうすぎていますが、(はやく結婚したい…)体力を落とす訳にはいかないので、酵素を必要としている人の一人ではあります。

ただ、なんでもかんでも酵素を摂取すれば良いという訳ではありません。
世に出回る酵素系の商品にはいい酵素、悪い酵素があります。
その善し悪しの見分け方を次に説明していきたいと思います。